中東―危機の震源を読む
中東―危機の震源を読む(55)

洗練の度を深めるオバマの対イスラーム言説

池内恵
執筆者:池内恵 2009年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 六月四日にオバマ米大統領がカイロで行なった演説は、オバマ政権が米国の中東政策を根本理念において変化させようとしていることを印象づけるものだった。「私はここカイロに、米国と世界のムスリムとの新たな始まりを求めてやってきた」と切り出したオバマは、パレスチナ問題での、よりアラブ側の立場に近い姿勢を演説の目玉として押し出した。「双方の希求を満たす唯一の解決は、二国家を通じてしかない。そこでイスラエル人とパレスチナ人が、平和と安全のもとに暮らすのだ」として二国家解決案を明確に支持した。 そしてパレスチナ国家設立への障害となるヨルダン川西岸へのユダヤ人入植地拡大について、「米国は、イスラエル人による入植地の継続の正当性を認めない」と言い切ったことで、アラブ諸国や欧州諸国で広く支持される演説となった。 オバマ政権は五月中の対パレスチナ・イスラエル外交を通じても、入植地拡大問題に焦点を当て、二国家解決案を拒否するネタニヤフ政権への厳しい姿勢を明確にしてきた。ネタニヤフ首相との五月十八日の会談では、二国家解決案の承認と入植地拡大停止を求め、双方の見解の相違が明確になった。二十六日のエジプトのアブールゲイト外相とアラブ連盟のムーサー事務総長との会談、二十八日のパレスチナ自治政府のアッバース大統領との会談でも同じ姿勢を維持した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順