チャイナ・ダック協議体とは?

平野克己
執筆者:平野克己 2010年9月6日
カテゴリ: 国際 金融

 北京ダックのことではない。政府開発援助(ODA)を出している国の集まりであるOECD開発援助委員会(DAC)が、中国政府に呼びかけて2009年1月に立ち上げたChina-DAC Study Groupのことだ。その目的は「アフリカ開発支援の効果的な方法について話し合う」こととされていて、中国側の事務局は中国国際扶貧中心。中国国務院および商務省が国連開発計画(UNDP)と共同で設置した機関である。日本では国際協力機構(JICA)がこの協議体のメンバーになっていて、東・中央アジア部の北野尚宏部長が委員を務めている。

 今年4月にマリに行ってきた。首都バマコで開かれるChina-DAC協議体の第二回会合に参加するためである。ちなみに一回目の会合は昨年北京で行われ、日本から政策研究大学院大学の大野泉教授が参加した。今回、バマコでのテーマは農業だった。中国側が強く望んでいたテーマだ。

 中国からは中国農業大学のグループを核に、関係するさまざまな機関から20人を超えるミッションがやってきた。対するDAC側は、われわれ日本人(北野部長はじめJICAの方3名と私)を含めても中国ミッションと同じくらいの規模。アイスランドの噴火と重なったことが影響したかも知れない。加えて、開催地マリの関係者と周辺アフリカ諸国からの来訪者が参加した。全体会議はもちろんすべての分科会でまず中国人の報告があり、これをDAC側とアフリカ人参加者が拝聴するという作りの会議だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順