日本はナイジェリア、中国は南ア:集中するアフリカ投融資

平野克己

 英国の法律事務所リンクレーターズが先月、アジア諸国がアフリカに対して提供しているプロジェクト・ファイナンスに関し、レポートを発表した。これがちょっと驚くべき内容で、昨年の投融資額をみると、アジアのなかでは日本が断然トップで35.4億ドルにも達し、これは第2位の中国の3倍にあたるという。「アジアからのアフリカ投資にあっては中国が支配的というのが一般通念だが、これに反して日本はゆっくりと、しかし顕著にアフリカ大陸での影響力を伸ばしている」というのである。ちなみに第3位がインドで、第4位はマレーシアである。

 さらに興味深いのは、日本の投融資の3分の2はナイジェリア向けであり、中国のそれは半分が南アフリカ向けだという。リンクレーターズはアフリカの投資コンサルでも数々の実績をもつ国際法律事務所だから、信憑性は高い。

 南アフリカの重要性をじゅうぶん認識しながらも、マンデラ大統領時代やそれに続いたムベキ大統領時代は思うように進出できずにいた南アフリカに、中国は、現ズマ政権になってから一気に食い込んだ。BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)グループに南アフリカを入れたのは中国だし、新開発銀行、通称BRICS銀行の支店も南アフリカに開かれることになっている。かつてアジア勢のなかでは南アフリカにおいて圧倒的なプレゼンスを誇った日本は、中国の攻勢で苦戦を強いられることになった。ついこのあいだまで日本の対アフリカ投資は、現在の中国のごとく半分以上が南アフリカ向けであったが、日中の立場が逆転しそうな形勢である。そしていまや、日本の対アフリカ投融資の大半がナイジェリアに投下されているというのは、驚きである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順