オープニング・セレモニーも近未来的だった(「ドイツメッセ日本代表部」のHPより)

 ドイツで始まった「インダストリー4.0」が日米欧の製造業に期待と不安を広げつつある。モノづくりで世界をリードするドイツが、デジタル技術やインターネットなどICT(情報通信技術)を駆使して製造業を革新し、「第4次産業革命」を起こすと官民挙げて宣言すれば、世界の製造業は注目せざるを得ないからだ。とりわけフォルクスワーゲン(VW)やダイムラー、BMWなど独自動車メーカーの対応を世界は注視している。日本ではまだ「バスに乗り遅れるな」というステレオタイプな論調が中心だが、「インダストリー4.0」の中身をみれば、日本の製造業が過去10年、粛々と努力してきた自動化、生産効率改善の延長線上にあるもので、日本が焦る必要はない。日本は自動化分野での独、米主導による通信、機器の標準化、デファクト化に乗りながら、技を磨くべき時だ。

 

水平と垂直の展開

「インダストリー4.0」は日本では昨年春あたりから話題になってきた。今年4月にドイツで開催されたハノーバー・メッセでの展示が「インダストリー4.0」中心となり、メルケル独首相の積極的な推進姿勢もあって、一気に関心が高まった。ハノーバーメッセには三菱電機、安川電機など日本のFA(工場自動化)設備メーカーも多数、出展した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順