原油価格が「下落ステージ」に向かうこれだけの理由

 年末年始は「相場が跳びやすい」、つまり、薄商いの中で急騰、急落が起きやすい。外国為替が典型だが、原油相場も時として年末年始に大展開が起きる。2008年の正月明けにニューヨークのWTI(ウエストテキサス・インターミディエート)原油先物が史上初めて1バレル100ドルを突破した。2003年頃に始まった上昇基調は途中、下落局面はあったものの遂に原油価格を3ケタに乗せた。その年の夏には150ドル間近に迫り、米ゴールドマンサックスは「200ドルは時間の問題」とはやし立てた。その後の展開は語るまでもないだろう。「盛者必衰」を思わせるように、原油価格は2014年秋以降急落し、30~40ドル台を落ち着きなく変動している。2016年の年明け以降に相場が大きく動き、20ドル台に落ち込んでも誰も不思議には思わないだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top