アフリカ資源情報の宝庫「J-SUMIT」をご存じですか?

平野克己

 5月、6月は学会や会議のシーズンで、研究室を出たり入ったりしている。5月28日からの2日間は、都内で開催された「J-SUMIT2」にいってきた。報道もされたのでご存じの方も多いかもしれないが、「日アフリカ鉱業・資源ビジネスセミナー2015」というのがフルの名称である。第1回は2年前、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)にあわせて2013年5月に開かれ、以後隔年で開催されることになっている。主催者は経済産業省と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)である。JOGMECは我々JETROと同じ、経産省傘下の独立行政法人だ。

 J-SUMITは、アフリカから資源担当大臣を招聘して、資源開発について日本と話し合うための会議である。山際大志郎経産副大臣が冒頭挨拶を行い、宮沢洋一経産相との大臣会合は別途行われた。第1回に比べれば若干小規模になったようだが、今回もアフリカ各国から12人の資源担当大臣らが参加していた。彼らとの個別面談サービスもあって、企業の方々が利用していた。

 

高まる日本への期待

 資源や鉱業関係の国際会議は従来からあちこちで開かれているが、最大規模を誇る南アフリカの「マイニング・インダバ」はじめ、すべて資源国で開催されている。資源輸入国が開いているのは、管見ではこのJ-SUMITだけだと思う。しかもJ-SUMITはアフリカに的を絞った、珍しい国際会議だといえよう。思いつく限りのことはやっている中国にも、この種の会合はない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順