「遊民経済学」への招待
「遊民経済学」への招待(7)

ロンドンに学ぶ観光戦略

吉崎達彦

 諸般の事情があって早めの夏休みを取り、6月のロンドンを観光旅行してきた。ポンドが高くて円が安いので、物価高を全身で受け止めることになってしまったが、まことに良い季節をエンジョイできた。冬が長くて暗い英国では、この時期の到来を皆が待ち望んでいる。日本のような湿気はないし、空は抜けるように青いのだ。

ロンドンのビッグベン。どうです、いい天気でしょ。

 なるほど「6月の花嫁」という言葉は、こういう季節のことを言っていたのかと得心がいった。以前から、梅雨のじめじめした時期の日本で、「ジューンブライド」を持て囃すのはどこか変だなと思っていた。一説によればこの言葉は、日本のホテルや式場が毎年、挙式が少なくなるこの時期を乗り切るために、「欧州では6月の花嫁は幸福になるんですって!」と喧伝したのが発端であったのだそうだ。

 ロンドンを散歩しているうちに、子どもの頃に繰り返し読んだ『ボートの三人男』が、初夏もしくは晩春のテームズ河を美しく描写していたことを思い出した。19世紀末に書かれた抱腹絶倒のユーモア小説、テームズ河畔の歴史や観光事情を紹介した名紀行文、あるいは緩急自在のエッセイと言えようか。今でいう「プチ鬱」になった3人の英国紳士が、1匹の犬をお供に気晴らしのボート遊びに出かけ、各地で騒動を起こす。丸谷才一の翻訳(中公文庫版)も手伝って、百年経っても魅力を失わない不思議な読み物である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
吉崎達彦
吉崎達彦 双日総合研究所チーフエコノミスト。1960年(昭和35年)富山市生まれ。一橋大学社会学部卒業後、1984年日商岩井(現双日)に入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会調査役などを経て現職。新聞・経済誌・週刊誌等への執筆の他、「サンデープロジェクト」等TVでも活躍。また、自身のホームページ「溜池通信」では、アメリカを中心に世界の政治経済について鋭く分析したレポートを配信中。著書に『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)、『1985年』(新潮新書)など、共著に『ヤバい日本経済』(東洋経済新報社)がある。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順