「遊民経済学」への招待
「遊民経済学」への招待(11)

遊民経済学のフロンティアは「お葬式」

吉崎達彦

 最近の『サザエさん』では、今でも編集者のノリスケさんが、作家の伊佐坂先生の自宅へ原稿を取りに通っているのだろうか。伊佐坂先生がメールで出版社に原稿を送るようになったら、ノリスケさんはお隣の磯野家に立ち寄る用事がなくなるので、物語の展開上は具合が悪いかもしれない。しかるに今でも原稿は万年筆で書き、ネットはおろかFAXも使わず、原稿が出来たら編集者に取りに来させるという大先生は、確実に絶滅危惧種への道をひた走っているはずである。

 筆者は20代の頃、会社で最初に配属された広報室で、社内報や広報誌の編集担当をやっていた。ノリスケさんのような仕事ももちろんやった。思い出深いのは、イラストレーターの種村国夫さんのところへ通ったことである。ほら、週刊文春でちょっとエッチな絵を描いてるあの人のことですよ。

筆者の仕事場。お友だち価格で譲ってもらった種村画伯の絵を飾っています。

 電車で出かけて、駅前のロイヤルホストから「今着きました」とご自宅に電話を入れる。当時のことだから、もちろん公衆電話である。すると、締め切りのイラストはまだ出来上がっておらず、種村さんはそれから悠々と仕事に取り掛かり、筆者が焦れた頃になってようやく店に現れる。そして「ごめん、ごめーん」などというやり取りが続くのであるが、昭和の頃の仕事はそんな風にまことにのどかなものであった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
吉崎達彦
吉崎達彦 双日総合研究所チーフエコノミスト。1960年(昭和35年)富山市生まれ。一橋大学社会学部卒業後、1984年日商岩井(現双日)に入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会調査役などを経て現職。新聞・経済誌・週刊誌等への執筆の他、「サンデープロジェクト」等TVでも活躍。また、自身のホームページ「溜池通信」では、アメリカを中心に世界の政治経済について鋭く分析したレポートを配信中。著書に『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)、『1985年』(新潮新書)など、共著に『ヤバい日本経済』(東洋経済新報社)がある。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順