「遊民経済学」への招待
「遊民経済学」への招待(12)

ギャンブルとバブルと破綻処理について

吉崎達彦

 遊民経済学を語っていくと、どこかで大真面目にこの問題と向き合わなければならない。ギャンブルのことである。

「ギャンブルは遊びの一種か」
「ギャンブルは経済行為の一部か否か」
「紳士の嗜みか、公序良俗を害するものか」

 社会学の領域において、「遊び」をテーマにした古典的名著が2つある。ヨハン・ホイジンガの『ホモ・ルーデンス』と、ロジェ・カイヨワの『遊びと人間』である。前者はギャンブルをほとんど無視し、後者は遊戯の1分野として分析した。
 すなわち、オランダの歴史学者たるホイジンガは、「文明とは遊ぶこと也」と喝破したのであるが、遊戯というものは本来、物質的な利益を求めるのものではない。従ってギャンブルは偽りの遊戯であり、文化の発展には貢献しないと切り捨てた。

 これに対し、フランスの批評家であるカイヨワはギャンブルを遊戯の一分野として受け入れた。遊びを構成するアゴーン(競争)、アレア(偶然)、ミミクリー(物まね)、イリンクス(めまい)という4要素のうち、アレア=「偶然に基づく遊戯」がギャンブルとなる。ただし面白いゲームというものは、運(アレア)と技術(アゴーン)のバランスがとれているもので、どうかすると依存症(イリンクス)になったりもする。このように遊びとは、4つの要素が相互に絡まりあうものだ、という指摘が画期的であった。
 筆者は元が一橋大学社会学部卒なので、若い頃からこの手の議論が嫌いではない。が、同時にこれら屁理屈の無意味さも、理解しているつもりである。問題はもっと単純で、ホイジンガは「打たない人」であって、カイヨワは「打つ人」であった。たぶんそれだけの違いなのであろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
吉崎達彦
吉崎達彦 双日総合研究所チーフエコノミスト。1960年(昭和35年)富山市生まれ。一橋大学社会学部卒業後、1984年日商岩井(現双日)に入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会調査役などを経て現職。新聞・経済誌・週刊誌等への執筆の他、「サンデープロジェクト」等TVでも活躍。また、自身のホームページ「溜池通信」では、アメリカを中心に世界の政治経済について鋭く分析したレポートを配信中。著書に『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)、『1985年』(新潮新書)など、共著に『ヤバい日本経済』(東洋経済新報社)がある。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順