【月】落日「原発」、習近平、米大統領選

執筆者:フォーサイト編集部 2015年12月21日

先週金曜日午後、「専門家の部屋」の「アメリカ」に「米大統領候補『三つ巴の争い』で共和党が陥りかねない『悪夢』」(足立正彦さん)をアップロードしました。泡沫候補のはずだったトランプ氏の人気は衰えず。候補乱立のまま、長期にわたって共和党の混乱ぶりが有権者に印象付けられる恐れがあります。その上、トランプ氏離脱の可能性もゼロではりません。

 

また、先週末には「東南アジアの部屋」に「『中台トップ会談』会場ホテルオーナーと習近平の『深い関係』」(樋泉克夫さん)もアップロード。日本のマスコミはほとんど触れませんが、習近平氏を国家主席になる以前から支え続けてきたアジア最大の富豪がいます。習氏の一帯一路戦略にも大きな影響を及ぼしている可能性も。

 

そして本日の更新記事は、杜耕次さんの「『インド』『米国』でも望み薄『原発ビジネス』の落日」です。首脳同士は合意しても、インドでは根強い「企業不信」があるため、実現はかなり厳しそう。そして米国でも、あまりの「高コスト」に厳しい指摘が……。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順