【水】ブリュッセル、ジャカルタ、ポスト習近平、トランプ

執筆者:フォーサイト編集部 2016年3月23日

本日の更新記事は、竹田いさみさん「ISの脅威に直面するインドネシア:ジャカルタ爆弾テロから2カ月」です。東南アジアのイスラム過激派にとって、活動のメインストリームは何と言っても中東アラブ地域で、現在、ブランドとして脚光を浴びているのがIS、トレンディな渡航先がシリア。過激派の中での主導権争いが起きています。
「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。
「炭鉱労働者が激怒した『ポスト習近平』有力候補の『失言』」(中国、村上政俊さん):黒龍江省のナンバー2を務める陸昊にとって石炭産業の構造改革は喫緊の課題ですが、自らの失言で大きく躓いた格好です。これが習近平派勃興と胡錦濤派凋落の分岐点となるのでしょうか。5年に1度の党大会が開催される2017年秋に向けて、共産党内部の人事抗争にますます目が離せません。
「トランプ氏に逆風『共和党候補決定』は7月の『全国党大会』か」(アメリカ、足立正彦さん):確かにかなり優位に立っているトランプ氏ですが、指名獲得をほぼ確実にしたクリントン氏に比べ、思わぬ”逆風”にも見舞われて7月の全国党大会まではまだ予断を許さない状況です。
「ブリュッセルの空港と地下鉄駅でテロ」(中東、池内恵さん):ブリュッセルでのテロの初期段階の情報リンク。真相解明はこれから。
「池内恵の中東通信」にも「ブリュッセルのテロで『イスラーム国』系アウマーク通信が声明」の新エントリ。「イスラーム国」の宣伝部隊とみられるアウマーク通信が、そのウェブサイトで犯行声明。声明はまず英語版が発表され、次いでアラビア語版が。内容はほとんど同一で、2段落だけの短いもの。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順