【金】ヒラリーと中国、北朝鮮亡命、逆張り

執筆者:フォーサイト編集部 2016年8月26日

昨日午後、成毛眞さんの好評連載「逆張りの思考 ARとVRを学ぶ」をアップロードしました。ポケモンGOの大流行で、改めて注目が集まるAR(拡張現実)とVR(仮想現実)。これらを学ぶのにゲームはちょっと、という向きにも、うってつけのアプリがあります。

 

今朝は、「専門家の部屋」の「東南アジア」に「クリントンの『チャイナ・コネクション』(下)『中国政府』『軍』へのパイプ」(樋泉克夫さん)をアップロードしました。クリントン夫妻がどっぷりと浸かるチャイナ・コネクションは、中国のアフリカにおける巨額ビジネスをも裏面で差配するほど。ヒラリー大統領誕生となれば、日本はこの関係にも注意しなければなりません。

 

さらに「専門家の部屋」の「朝鮮半島」には「北朝鮮『エリート駐英公使』の亡命(下)金正恩体制は『動揺』するのか」(平井久志さん)の新エントリも。テ・ヨンホ駐英公使をはじめ、今年だけで10人近くの外交官が亡命したとの情報が流れる、北朝鮮。韓国は「金正恩体制が動揺の可能性」に言及しますが、なかなかどうしてしぶといようです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順