ニューヨーク発 トランプのアメリカ
ニューヨーク発 トランプのアメリカ(7)

「大統領は嘘つきか」――疑問を感じ始めた支持者たち

青木冨貴子
執筆者:青木冨貴子 2017年6月19日
エリア: 北米 ロシア
支持者たちも愛想をつかし始めた(C)EPA=時事

 

 ニューヨークに住んでいると、米国内のドナルド・トランプ支持者が、日々刻々と変わるホワイトハウスの現状を一体、どう見ているのかなかなか掴めない。ここでは多くが上院情報委員会でのジェームズ・コミーFBI前長官の証言は信頼できると思い、大統領がコミーに「忠誠を誓う」よう強要したとは呆れてものが言えず、ロシア疑惑に絡むマイケル・フリン前国家安全保障問題担当大統領補佐官への捜査打ち切りを求めたことは、司法妨害ではないかと考えている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
青木冨貴子 あおき・ふきこ ジャーナリスト。1948(昭和23)年、東京生まれ。フリージャーナリスト。84年に渡米、「ニューズウィーク日本版」ニューヨーク支局長を3年間務める。著書に『目撃 アメリカ崩壊』『ライカでグッドバイ―カメラマン沢田教一が撃たれた日』『731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く』『昭和天皇とワシントンを結んだ男』『GHQと戦った女 沢田美喜』など。 夫は作家のピート・ハミル氏。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top