【木】米国務長官更迭、ドイツ大連立、
   エルサレム首都、中東通信、ロシア疑惑

執筆者:フォーサイト編集部 2017年12月7日
カテゴリ:

昨日午後、下記2本をアップロードしています。

ティラーソン国務長官「更迭報道」を巡る「混乱」(アメリカの部屋・足立正彦さん)米メディアが一斉に報じた更迭、大統領も本人も否定ですが、火種は燻ぶったまま。後任候補にも要注目です!

 

ドイツ「大連立」の鍵となる「中道右派の右」とは何か(花田吉隆さん)ようやく始まった大連立協議。が、メルケル首相は今後も左を目指すとか。ならば鍵となる「中道右派の右」とは何何でしょうか。

 

また、日本時間の今朝3時から行われたトランプ大統領の「エルサレムをイスラエルの首都に承認する」という演説に関し、演説開始前の昨夜遅く、池内恵さんの予測分析記事下記2本を緊急アップロードしました。

中東―危機の震源を読む(94)トランプがエルサレムを首都承認した後に何が起こるか今朝未明、トランプ大統領が演説で正式承認しましたが、その直前分析です。実際の演説もこの分析通りでしたが、問題はこの後に何が起きて何が起きないのか――。

トランプは演説でエルサレムと「東エルサレム」を分離できるか(中東通信)「首都承認」という宣言そのものより、その内容をどれだけ世界に説得力を持って伝えられるか、それが最も重要です。

 

そして、本日の更新記事は、青木冨貴子さんの好評連載「ニューヨーク発 トランプのアメリカ(13)『フリン前大統領補佐官』訴追でトランプ大統領の『眠れぬ夜』」です。足許では、ロシア疑惑をめぐって着々とトランプ大統領の懐近くまで捜査の手が伸びているようです。イスラエルの首都承認演説をやっている場合なのでしょうか!?

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top