再生エネルギーと海水淡水化

z
トピック作成者
zarugo13
2017年02月05日01時40分
原発に関する記事の中で、太陽光発電のコストが下がるという予想がありました。

私は原発が終わったとは思っていません。原発にもコストダウンの余地はいっぱいあるし、トリウム融塩炉の研究もすべきと思っています。また空母や潜水艦用の小規模な原発技術にも取り組むべきだと思っています。
太陽光や風力発電は発電量(電圧)が不安定なのが最大の弱点です。それゆえ私はあまり期待していないのですが、太陽光パネルの性能が上がって、発電コストが下がってくると色々よい事があります。

海水淡水化のコスト低減につながります。現在、海水淡水化のコストは水1トンあたり100~120円と言われています。主たるコストは電気代です。今世界一、コストが安いのはイベリア半島南部で1トン70円です。砂漠に太陽光パネルを並べ、その電気で海水を淡水化しています。土地代が安い。日照時間が長い。その場で使うので送電コストなし。理想的な太陽光発電です。こういう使い方ですと太陽光パネルの進歩が即コストダウンにつながります。
アメリカ西海岸は深刻な水不足で、20か所以上で海水淡水化プラントの建設が予定されています。太陽光パネルの進歩により、淡水化コストが下がれば水不足は解消されるはずです。

    z
    投稿者:zarugo132017年02月14日21時13分
    塩分に強い野菜、キャベツを忘れていました。有明海の干拓地も冬はキャベツですね。
    オランダの干拓地、土地に塩が残っているうちはマメ科の牧草を植えて牛を飼う。そのミルクでチーズを作って輸出します。

    塩害で砂漠化しかねない地域が世界中にあります。旧ソ連のアラル海周辺やオーストラリアなどなど・・塩に強い植物をうまく利用したいものです。オーストラリアにユーカリを植えるのは塩に強いからです。
    オーストラリアやブラジルの内陸部に巨大な鉄鉱がありますが、あれはかつて海底だった所です。そういう土地ではユーカリくらいしか育たないようです。
    A
    投稿者:AKBN232017年02月06日23時06分
    スペインのトマトは、お祭りも有名で、輸出品目でもあると聞いています。普通のトマト農地との競争で、砂漠の優位は「土地代ガタダ」以外にはなさそうです。0.2%を使い続けると塩分が沈着するので、それを洗い流す水も必要、という問題もありそうです。現時点は実証実験段階のように思いますが。
    z
    投稿者:zarugo132017年02月06日19時44分
    AKBN23さん、コメントありがとうございます。

    >やはりコストが問題で、まずは何に使う水かが決め手になるでしょう。
    それなんですよ。イベリア半島の場合淡水化した水でトマトのハウス栽培しています。トマトならば塩分が0.2%位残っていても使えるんです。
    低い精度でOKなのでコストが安いんですね。トマトのように少ない水で栽培でき塩に強い植物ってなかなかないのです。
    コメも塩分に強いんですが、塩が残ったコメは商品価値がないんです。

    淡水化の水を飲み水にしようとすると高コストになります。沖縄の淡水化はトンあたり200円と高コストです。
    膜技術の進歩によって電力消費が激減する可能性があるそうです。また低い精度でOKならばそれ用の膜を作れるようです。
    この分野は大きな市場になるのでぜひ日本が技術開発の先頭であり続けてほしいものです。
    最近造船から撤退を表明した某社は海水淡水化プラントに注力していると聞いております。
    A
    投稿者:AKBN232017年02月06日18時34分
    海水淡水化は、恐らく逆浸透膜を使うのでしょうが、海水側にかなりの水圧が必要で、50mくらいの高さの圧力になるという話を聞いたことがあります。そのための電力コストが、水のコストの大部分を占める。昼間の太陽光発電で高い処のタンクに水を持ち上げて置けば、夜も淡水の製造ができるので、蓄電池は要らないかな。
    _
    とは言うものの、やはりコストが問題で、まずは何に使う水かが決め手になるでしょう。
    飲み水なら、高いコストでもいい。宇宙船内では尿から飲み水を取り出すのに使ってているらしい。次は生活用水。農業用水となると、大きなコスト低下が必要です。少ない水で育つ農産物や栽培法とは何でしょうね。恐らく、外気を遮断した温室栽培。ということは、余り気温が高くないところかな。それも、砂漠における石油採掘のような、砂漠に付随する産業で働く人のための野菜の栽培で、近隣から運ぶより安くなるケース。ガソリンエンジンの冷却水も、高いコストに耐えそうですが、空冷の方が安いかも。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順