アフリカ「人口ボーナス論」を見直すべし

平野克己
執筆者:平野克己 2013年5月18日
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ

 第5回アフリカ開発会議(TICAD V)が近づいてきて(6月1日から横浜で開催される)、このところほぼ毎日、どこかで講演したり会議に出たりしている。いまもホテルの部屋でこれを書いている。

 

 2008年のTICAD IVで企業がTICADに初めて参加し、援助政策のなかに官民連携が謳われて、その後も日本企業のアフリカ進出が進んだ。今回も「アフリカをどう援助するか」といったかつてのテーマはほとんど見られず、アフリカビジネスに関する質問や議論が多い。そこでよく目にし、耳にするのが、世界各地域のなかで唯一2%を超えているアフリカの人口増加率と、若年人口比率の高さを、アフリカの魅力として売り込む論調である。老齢化する日本と東アジアとは対照的に、アフリカは膨大な人口ボーナスによって祝福されているという主張だ。

 これを言い始めたのは欧米のコンサルタント会社ではなかったかと思う。いま最先端のアフリカビジネスはエクイティ・ファンドのようだが、要するに資金勧誘のための売り込みではなかろうかと、私は思っている。本気で、真面目につくられた議論とは思えない。

 つい数年前まで、アフリカの人口増加は貧困問題の根源と言われ、開発政策や援助政策のひとつとして人口抑制策が検討されていた。いまの人口ボーナス論とはまったく逆だったのである。

執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順