100年かけて栄え100年かけて衰える:日本の人口減少と「東南アフリカ」史

平野克己
高齢化社会、出生率低下で、近い将来、日本は世界が経験したことのない「破滅的人口減少」に見舞われる……(C)時事

 

 昔、英国のアフリカ史研究の本流を学んだ吉國恒雄という研究者がいて、1999年に講談社現代新書から『グレートジンバブウェ』という本を出した(2006年に亡くなった吉國さんについてはフォーサイトでもいずれ書いてみたいと思っている)。この本の副題が「東南アフリカの歴史世界」というのだが、この副題にまず日本の研究者は驚いた。学界でも一般にも「東南アフリカ」という地域分けはなかったからだ。

 通常、植民地時代の行政区分けからくる「東アフリカ」と「南部アフリカ」(南アフリカ共和国と混同しないため「南部」と表する。英語ではSouthern Africa)を使う。東アフリカとは、その昔英領東アフリカ高等弁務官が管轄していた地域で、3植民地からなり、1960年代初頭にはそれぞれケニア、タンザニア、ウガンダとして独立した。

 一方南部アフリカは、アパルトヘイト型人種差別体制とポルトガル軍事政権の支配下におかれていたため独立が遅れ、かつては“白いアフリカ”とも呼ばれていた。つまり、東アフリカと南部アフリカは明らかに異なる空間であった。それでも、両者を併せて表記する必要のあるときは「東南部アフリカ」と称する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順