米議会の「党派対立」は弱まるか

足立正彦
執筆者:足立正彦 2013年12月26日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 北米

 今年1月に招集された第113議会の第1会期が終了し、議員らは地元選挙区に戻り、現在長期休暇に入っている。今会期は立法面での成果という観点からは、成立した法律の数は僅か65本となり、従来まで最低水準であった第112議会第1会期(2011年1月-2012年1月)を下回り、米議会史上最も成果の乏しい会期となった。だが、第113議会第1会期の最終局面で2014会計年度及び2015会計年度の政策経費予算の大枠について与野党間で合意に達したため、来年1月6日から招集される第113議会第2議会(2014年1月-2015年1月)では与野党協議が改善の方向へと進むのではないかとの期待感が一部にある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top