「将来キャッシュ・フロー」の質を見極めよ――結婚相手の選び方 その2 

執筆者:藤沢数希 2014年2月1日
カテゴリ: 文化・歴史

 前回、結婚相手の男選びでは、ストックよりフローがはるかに重要だと解説した。これは結婚と離婚の法律に関する極めて当たり前の事実に基づいている。つまり結婚前に双方が持っていた財産は、結婚により影響を受けないのだ。

 婚姻費用は結婚したあとの所得により決まる。財産分与は結婚後に蓄えられた財産(=共有財産)を夫婦で分割することである。結婚と離婚で動く大きなお金はこのふたつであり、浮気が発覚した場合に支払わなければいけない慰謝料などは取るに足らない金額なのだ。もっとも、浮気は離婚が認められる不貞行為になるので、その点に関しては重要な意味を持つのであるが。

 しかし、中世ヨーロッパを舞台にする文学作品や映画、日本の時代劇などでは、結婚というのは家と家がくっつくものであり、そこでは家の資産や身分が男女の愛憎劇に大きな影響を与えている。そのせいか、結婚によって、もともとある相手の財産があたかも自分のものになるかのように錯覚し、玉の輿、あるいは逆玉ができるように思い込んでいる男女は多いのだが、それは間違いなのだ。

 現代の先進国の法律は、全ての人は法の下で平等であり、戦前に見られたような華族や貴族のような身分を完全に否定し禁止することで成り立っている。男女の性差別も当然のように禁止である。結婚というのは、あくまで個人と個人のものなのであり、近代国家の法律に「家」という概念は存在しない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
藤沢数希 理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で研究職に就いた後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスク・マネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社)『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(同)『「反原発」の不都合な真実』(新潮社)『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』(ダイヤモンド社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順