行き先のない旅
行き先のない旅(39)

「祖国愛」と向き合うドイツ

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2006年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 名前を口にした途端に、歴史上のある記憶を呼び起こす街があるとしたら、ニュルンベルクも間違いなく、その一つだ。ドイツルネッサンスの巨匠、デューラーが暮らし、ワーグナーが素朴な民衆の芸術の高さを讃えた「ニュルンベルクのマイスタージンガー」に登場する美しい街は、恐らくドイツらしい美を内包したがゆえに、ナチス党大会の開催地になった。ユダヤ人差別を規定した法律が「ニュルンベルク法」と名づけられてからは、この街はヒトラーの記憶と無縁ではいられない運命を背負う。ニュルンベルクと言えば、ナチス関係者を裁いた「ニュルンベルク裁判」を連想する人も多いのではないだろうか。 そのニュルンベルクのゲルマン国立博物館で、ワールドカップ開催をきっかけに「ドイツとは何か」を考えようという展覧会が開かれている。ドイツといえば哲学の国、思索の国、音楽の国、詩人の国といったイメージが浮かぶ。展覧会では、そうしたイメージを多くの資料と絵画で振り返る。しかし、何ともドイツ的なのは、ワールドカップというお祭りの中でさえ、外国人に見せたいイメージだけでなく、あえてホロコーストというテーマを取り上げることだ。「祖国(Vaterland)」というテーマのもとに展示されるヒトラーの時代は、「祖国愛」という本来美しいはずの心がけが、間違った指導者のもとで、いかにゆっくりと、気づかぬ間に変容していくかを教えてくれる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順