ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(50)

近代保守主義の金字塔は『ノルウェイの森』とも照応する

会田弘継
執筆者:会田弘継 2009年6月号
カテゴリ: 文化・歴史 書評

『フランス革命の省察』エドマンド・バーク著/半澤孝麿訳みすず書房 1978年刊(原書は1790年刊。なお本稿中の一部の引用は評者要約) 村上春樹のベストセラー小説『ノルウェイの森』を読み返すたびに、フランス革命を根底から批判したエドマンド・バーク(一七二九―九七)を思い出す。 村上の小説は、主人公の「僕」が一九六八年に大学に入学してからの約二年間を、十八年後に回想する物語だ。「一〇〇パーセントの恋愛小説」と謳われたが、深い「喪失」の物語であり、愛と生と死の思索でもある。六八年から七〇年という大学紛争がもっとも激しくなった動乱の時代が背景だ。しかし、そのことにはほんの少ししか触れず、ストーリーは進む。それがあの時代への鋭い批判となっている。「革命ごっこ」の次のような描写は、たぶん村上自身の当時の思いだろう。 授業を中断させ、アジ演説をする学生を見ながら、「僕」はこう思う。「この連中の真の敵は国家権力ではなく想像力の欠如だろう」。機動隊が大学のバリケード封鎖を叩きつぶし、授業が再開されると、きのうまでスト反対学生をつるし上げていた活動家たちが、のこのこと講義に顔を出している。「彼らは出席不足で単位を落とすのが怖いのだ。そんな連中が大学解体を叫んでいたのかと思うとおかしくて仕方なかった。そんな下劣な連中が……」。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順