インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

ソ連崩壊に“貢献”したある男の自殺

春名幹男
執筆者:春名幹男 2004年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 米首都ワシントンのポトマック河畔に偉容を見せるウォーターゲート・ビル。幾多の歴史ドラマの舞台となったこの建物は、ホテル部分とマンション部分に分かれている。 東側の住居部分で昨年十一月二十五日、地上に飛び降り、死んだ者がいた。ジョージ・ワシントン大学客員講師、ガス・ワイス氏。享年七十二。 一般的には有名ではなかったが、情報関係者の間では知る人ぞ知るVIPだった。ニクソンからレーガンまで四代にわたって大統領に仕えた。カーター民主党政権で宇宙政策担当国防長官補佐官兼大統領情報委員会委員、ニクソン、フォード、レーガンの共和党政権で国家安全保障会議(NSC)スタッフを務めた。 米中央情報局(CIA)の功労章、国家安全保障局(NSA)の暗号賞、さらにCFM56という最高傑作の航空エンジンの米仏共同生産に貢献したとして、フランスのレジオンドヌール勲章までもらったほどの人物である。 ワイス氏の出身地テネシー州ナッシュビルの地元紙テネシアンは六日後の十二月一日、「死去の状況は確認できなかった」と苦しい表現で彼の死を伝えた。 だが、本当は「自殺だった」。このほど訪日した元米政府高官がそう教えてくれた。彼はレーガン政権時代、NSCでワイス氏と同僚で、筆者の旧友でもある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順