風が時間を
風が時間を(25)

まことの弱法師(25)

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2018年4月22日
エリア: 北米 日本

「室友(ルームメイト)」と夕食に行く時間である。私は図書館の机の上を片付け、サドラー寮に帰った。寮の玄関に夕刊が積んである。10セントか20セントかの新聞代を床に投げ出し、1部を取る。夜が更けた頃新聞屋が来て床の代金をかき集め残った夕刊とともに持ち帰るのが不文律になっていた。その時、私は意外にも「自由民主党」という漢字と「MAINICHI PHOTO」という字を積まれた新聞の第1面に見た。

 ニューヨーク州の田舎に来て、我が所属や社名を忘れ、ひたすらジャーナリズムを勉強しようと思ったのに、毎日新聞は私をここまで追っかけてきたのか。夕刊を1部取った私は部屋へ持って帰って広げた。第1面ほとんど一杯を占めていたのは日比谷公会堂の3党党首立会い演説会で演説中に刺し殺されようとする浅沼稲次郎社会党委員長と止めを刺そうとする少年の刹那のショットと第2撃を狙う刺客の写真で、背後に演説者の名が垂れ幕になっている。その「自由民主党」という垂れ幕が翻っていたので目に入ったのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
クローズアップ
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top