グーグルが作る新たな経済圏

執筆者:梅田望夫 2004年9月号
カテゴリ: IT・メディア

 グーグルの株式公開が近づいてきた。本誌が刊行される頃には既に公開されているかもしれないが、公開後の時価総額は三兆円から四兆円の間となるだろう。同じIT関連の製造業と比較すれば、東芝、富士通、NECの時価総額が一兆円台の前半から半ばくらいを推移しているので、その倍から三倍。ソニーや松下電器にほぼ匹敵する時価総額である。 時価総額一兆円超の製造業といえば、連結子会社も含めて十万人規模の雇用を生む。しかしグーグルの社員はわずか二千人足らず。グーグルがせっせと作りこんでいる「情報発電所」とも言うべきコンピュータシステムが自動的に付加価値を生み出すから、製造業ほどの雇用を生まないのだ。 そればかりではない。時価総額一兆円超の製造業ならば、下請け企業群、素材・部品納入企業、販売会社や保守サービス企業など、その企業を中心とした巨大な経済圏が形作られ、地域経済を潤す効果が大きい。その感覚がグーグルには全くない。 しかしこれだけの富を創出する企業ならば、当然のことながら、某かの経済圏を形作るものだ。製造業の経済圏に慣れ親しんだ我々に、それが見えないだけなのである。 ところで日本の大手製造業の幹部とグーグルについて話すとき、典型的な反応は「グーグルって、ビジネスモデルは広告でしょ。あんまり興味がないなぁ」というものである。確かに、グーグルの一千億円規模の年間売上の大半が広告収入だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
梅田望夫 1960年東京都生れ。94年渡米、97年コンサルティング会社ミューズ・アソシエイツを起業。著書に『ウェブ進化論』(ちくま新書)、『ウェブ時代をゆく』(同)、『ウェブ時代 5つの定理』(文藝春秋)、『ウェブ人間論』(共著、新潮新書)など。メジャーリーグの野球、そして将棋の熱烈なファン。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順