河本大佐と張作霖爆殺事件

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年6月23日

 河本大作大佐といえば、戦前の日本陸軍についてあまり詳しくない人でも名前は聞き覚えがあるのではないだろうか。なにしろ、中国の軍閥・張作霖を、列車に爆薬を仕掛けて殺害した、とされている人物だ。日本どころか、中国でも悪名は鳴り響いている。

昭和3年、満州鉄道と京奉線が交叉する地点で、張作霖が乗った特別列車が大爆発を起こし、張作霖は重体となって死亡した。河本大佐は関与を認め、責任を負って陸軍を離れた。しかし、その現場状況や河本大佐自身の証言に矛盾点が多いことも知られており、私自身も、後に民間人として山西省日本兵残留問題で暗躍した河本大佐という人物への関心もあって、この問題には引っかかりを感じていた。

先週末、東京・神田で、PHP新書から『謎解き「張作霖爆殺事件」』を出された加藤康男さんの講演を聴く機会があった。
 
1、河本の供述では200キロの爆薬を橋脚のわきに仕掛けたというが、列車は上部部分が大破している。
2、河本供述を否定するような内容の報告書が関東軍参謀長から提出されていたが、無視されていた。
3、英国の公文書館でも、当時のMI6の報告書でソ連関与説が疑われている。
 
加藤さんはこれらの疑問点から、河本大佐首謀説を否定し、新説として、北伐途上の蒋介石軍、張作霖の息子の張学良、ソ連の3者が組んで爆殺を仕掛け、日本に責任をかぶせた、とする推理を語った。
 
加藤さんの議論には①肝心のロシア側の公式資料が出てきていないこと②台湾・中国で主張を裏付ける公式資料が出てきていない③責任をかぶせられた形の日本側が反論しなかった動機がはっきりしないこと、などの弱点があり、ご自身もそのことは認めておられた。
河本首謀説は、日本の歴史研究の大家に軒並み支持されており、これを崩すことは容易ではない。しかし、少なくとも河本首謀説にはクエスチョンがつくべきだ、という主張はそれなりに説得力があったし、再検証が求められる点は私も同感。
「日本の満州進出の発端となった張作霖爆殺は河本大作と日本陸軍による謀略」という定説に果敢にチャレンジを続ける加藤さんのご努力に注目していきたい。(野嶋剛) 
 
この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順