インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

予測されていたアルジェリアの人質事件

春名幹男
執筆者:春名幹男 2013年1月22日
エリア: アフリカ 中東
 アルジェリア東部イナメナスの監禁現場から逃れ、取材に応じる外国人の元人質たち(アルジェリアのテレビ映像から) (C)AFP=時事
アルジェリア東部イナメナスの監禁現場から逃れ、取材に応じる外国人の元人質たち(アルジェリアのテレビ映像から) (C)AFP=時事

 イスラム教圏で戦争が起きると、世界各地からイスラム戦士が集結し、そこで武器と戦闘技術を獲得して、母国に持ち帰る。そして再び混乱を引き起こし、国家は破たんする――。

 1989年にソ連軍がアフガニスタンから撤退して以後、イスラム原理主義勢力と欧米諸国との間で繰り返されてきたパターンがまた再現され、今度はアルジェリアで日本人技術者が巻き込まれた。

 アルジェリアのガス関連施設で起きた凄惨なテロはまさに、過去に再三起きたのと同種の事件であり、予測と防止が可能ではあった。米中央情報局(CIA)などインテリジェンス機関も北アフリカのイスラム原理主義勢力が武器を入手した動きなどを探知していた。

 しかし事件を予防できなかったのは、なぜか。

 

 破たん国家となったソマリアとマリ

 アフガニスタンでソ連軍相手に約10年間戦ったイスラム戦士は推定10万人を超える。彼らが中東・北アフリカの母国に帰って、騒乱を起こした例はいくつもある。

 アルジェリアでは彼らはイスラム救国戦線(FIS)を結成し、91年、治安部隊と衝突、総選挙では8割以上の議席を獲得した。しかし、軍部が非常事態を宣言して、FISを非合法化し、力でねじ伏せた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順