饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(82)

首相ヘリを緊急着陸させた日系ブラジル人の歓迎

西川恵
執筆者:西川恵 2004年11月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中南米 日本

 小泉首相は九月中旬から下旬にかけ、ブラジル、メキシコ、米国(ニューヨークの国連本部)を訪問した。ブラジルは、日本の首相としては九六年の橋本首相以来八年ぶりで、日系人(百四十万人)の期待は大きかった。 九月十四日、サンパウロ州から訪問を開始した小泉首相は、円借款で行なわれているチエテ川流域の環境改善事業の現場や、サトウキビ畑やオレンジ畑の視察をこなしたあと、離れたグァタパラ農場にヘリコプターで向かった。 グァタパラは一九〇八年、移民船「笠戸丸」で日本人のブラジル移住者第一陣が入った土地で、移住者たちはコーヒー園の季節労働者として働いた。戦後、移住者たちは土地を伐り拓き、一帯を一大農場地帯に変えた。 警備の都合上、小泉首相が上空からしか視察できないと聞かされた移住者たちは、「せめて亡くなった人たちの供養に、上空から花束を投げてほしい」とささやかな要望を出していた。ところがヘリは現地上空まで来ると、首相の指示で緊急着陸した。 翌日、千二百人が集まった日系人団体主催の歓迎会で、首相はこのときの模様を披露。「ヘリから下を見たら『歓迎 小泉総理大臣』の大きな文字や鯉のぼりが見えた。花束を落すだけでは失礼だと、何とか降りたいとパイロットに頼んだ」。こう語ると、感極まって十五秒ほど押し黙り、「移住者の皆さんに涙をもって迎えてもらった。感激しました」と涙を流した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順