米中間選挙最注目州「ノースカロライナ」「アイオワ」最新情勢分析

足立正彦
執筆者:足立正彦 2014年10月16日
カテゴリ: 国際 政治 社会
エリア: 北米

 中間選挙の投票日11月4日までいよいよ3週間足らずとなり、選挙キャンペーンはホームストレッチでの最終盤の争いとなってきた。本稿では接戦が展開されている2つの上院議員選挙区に焦点を当て、その意義について検討していきたい。その結果が来年1月に招集される第114議会での多数党の帰趨を決める可能性がある選挙区は、ノースカロライナ州とアイオワ州であると筆者は考えている。

 

明確なコントラストを成す争い

 当初、米国の選挙分析専門家の多くが、南部選出の民主党現職上院議員のうち、アーカンソー州のマーク・プライヤー、ルイジアナ州のメアリー・ランドリュー、そしてノースカロライナ州のケイ・ヘーガンの3氏は議席を失う可能性が高いとの見方を示していた。実際、プライヤー、ランドリュー両氏は各種世論調査でいずれも共和党候補の後塵を拝しており、厳しい争いを強いられているのが現実である。

 ところが、ヘーガン氏のみは、共和党候補ソム・ティリス氏(ノースカロライナ州議会下院議長)を相手に、各種世論調査でわずかながらリードする展開となっている。このため、ひょっとすると民主党が上院で辛うじて多数党の立場を維持できるのではないかとの見方がされ始め、ノースカロライナ州が益々注目されているのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順