饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(123)

カーラ夫人に期待される“早メシ大統領”の指南役

西川恵
執筆者:西川恵 2008年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 カーラ・ブルーニさんにエリゼ宮(フランス大統領官邸)のカテリーナ・デ・メディチとなって欲しい――。イタリア人の元スーパーモデルで歌手のカーラさん(四〇)とサルコジ仏大統領(五三)の結婚で、フランスの人々の思いを忖度するならこういうことになるだろう。 カテリーナ・デ・メディチ(一五一九―八九)は十四歳でイタリア・フィレンツェのメディチ家からフランスのオルレアン公アンリ・ド・ヴァロワ(のちのフランス王、アンリ二世)に嫁ぎ、芸術、料理、社交など、イタリアの洗練された文化をフランスにもたらし、フランス発展の基礎を作った。 カーラさんはカテリーナ・デ・メディチのように、サルコジのエリゼ宮に欠けているものを埋めてくれるだろうか。 同大統領は歴代大統領と生活スタイル、趣味が大きく異なる。シラク前大統領は世界の民族文化については専門家が舌を巻く該博な知識をもっていた。その前のミッテラン元大統領は文筆で知られた。それに二人は大の健啖家だった。 しかしサルコジ大統領は文化への関心は薄く、美術館に足を運ぶこともない。アルコールは口にせず、“早メシ”で、食にも大して興味をもっている風もない。エリゼ宮に通じている知り合いはこう語る。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順