見えてきた次世代携帯の実像

執筆者:馬場仁志 2000年6月号

「日欧方式」vs.「北米方式」市場争奪戦の行方 二〇〇一年五月、携帯電話が大きく変わる。第三世代の次世代携帯電話「IMT-2000」が、世界に先駆けて日本で実用化されるからだ。「IMT-2000」とは、国際電気通信連合(ITU)が中心となって通信方式の標準化を進めてきた国際規格を指す。「二〇〇〇年を目途に標準化を図る」、「世界共通で周波数二ギガヘルツ帯を用いる」という意味で標準化作業に「2000」が冠された。作業開始から十五年を経て、六月二日までイスタンブールで開催されたITUの世界無線通信会議でようやく標準化が決定した。IMT-2000で要求される機能的なスペックは、(1)地上固定網と同等なクリアな音声品質、(2)毎秒百四十四キロ―二メガビットのデータを電送できる高速データ通信、(3)世界中で同じ電話機を使える国際ローミング――などだ。一口に言えば、「インターネットに対応した高速データ通信対応の国際共通携帯電話方式を実現する」ということである。 ビジネス的には、これまで携帯電話の欠点とされてきた日米欧方式の非互換性を解消し、通話システムから端末機、各種情報サービスなどに至る巨大世界市場を育て上げるという思惑がある。ある調査会社の試算では、二〇一〇年には世界のIMT-2000加入者数は総計で二十億人に上るとの予測もあり、同市場への参入をめぐり各国で激烈な競争が展開されている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順