「変わる中南米」の行方:「経済低迷」で退潮する左派

遅野井茂雄
執筆者:遅野井茂雄 2015年12月30日
エリア: 中南米

 12月6日のベネズエラの議会選挙で野党が3分の2を超す絶対多数を獲得、10日にはアルゼンチンで右派のマクリ政権が誕生するなど、中南米の左派政権の退潮が注目を浴びた。今後2010年代の後半にかけての中南米の政治構図の転換を占うような出来事が相次いだ。ちょうどその時期に、左派政権と対極にある南米の「太平洋同盟」3カ国を訪問していた筆者は、現地の政治変化に寄せる熱気と大きな期待感を肌で感じた。

投票のもつ威力

 アルゼンチンは夫婦での政権継承を挟んで12年にしてキルチネル政権は終焉、ベネズエラはチャベス亡きチャベス体制を含む17年にして初めて野党に惨敗するという、左派長期政権の黄昏とも言える現象である。両国とも長期にわたるいわゆる「競争的権威主義体制(Competitive Authoritarianism)」のもとにある。これは、選挙という民主的手続きを維持しつつも、政権による権力の乱用を伴なう権威主義的性格を残す折衷的な体制のことである。野党指導者逮捕などの妨害工作や政府資金の総動員など、野党にとって決して公平で透明な選挙が保証されたわけではないが、野党との権力到達を争う競争という選挙制度が一定程度機能する限りにおいて起こり得る、投票のもつ威力を改めて思い知らされる政変であった。
 アルゼンチンではペロン党が予想に反して決選投票で敗れたこと、さらにベネズエラに至ってはチャベス派が1998年に政権獲得後初めて野党に惨敗を喫し、なおかつ国際注視の中で選挙結果をマドゥロ政権が受け入れたことは、驚きとも言え、両国とも今後大きな政策転換が予想される。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
遅野井茂雄
遅野井茂雄 筑波大学大学院教授、人文社会系長。1952年松本市生れ。東京外国語大学卒。筑波大学大学院修士課程修了後、アジア経済研究所入所。ペルー問題研究所客員研究員、在ペルー日本国大使館1等書記官、アジア経済研究所主任調査研究員、南山大学教授を経て、2003年より現職。専門はラテンアメリカ政治・国際関係。主著に『21世紀ラテンアメリカの左派政権:虚像と実像』(編著)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順