トランプ政権によるシリア攻撃の是非

r
トピック作成者
ryoichiro1970
2017年04月09日21時59分
 シリア政府軍が反政府勢力に対し化学兵器を使用したという理由で、トランプ政権は4月7日にシリア政府が管理する空軍基地を攻撃しました。
 限定的なものとはいえ、攻撃自体が唐突に行われた感が否めません。シリア政府が行った化学兵器の使用が、アメリカの自衛権発動に直接関係するという説明も変な感じがします。
 関係各国の思惑も含め、様々な評価が報道されていますが、個人的には「それなりにしっかりした政府に対する攻撃であるし、アメリカが単独行動でまずいことを始めたなぁ」というのが最初の感想でした。
 皆さんは、先日行われたシリアに対する攻撃について、どのような感想あるいは評価をお持ちでしょうか。

    r
    投稿者:ryoichiro19702017年04月17日07時44分
     その後の報道で動きを見ていると、かなり計画的な行動だったように思えます。ロシアとの関係も悪くないようですし。
     当初の考えと違ってますが、結果として、秩序を維持するアメリカが戻ってくるのであれば、好都合なことだと思うようになりました。

     この辺りで、締めたいと思います。
     今後もご意見をうかがう事があるかと思います。ありがとうございました。
    A
    投稿者:AKBN232017年04月16日00時16分
    毒ガスは認められたが、誰の仕業かは国連では結論が出ていません。安保理事会での結論を待ったら、今回も何もできない。何かが行われた方がいい、という意味で、今回の巡航ミサイル攻撃は正解だったと思います。結果論ではありますが、大きな戦争に発展しない程度に収まっているのも、賛成の理由の一つです。
    h
    投稿者:hamada2017年04月12日17時47分
    アメリカは中国に北をどうにかしろ、しないなら俺が一人でやると言ってるみたいですね。空母が北に向けて移動中。トランプはやるのか?中国に対して瀬戸際外交やってる。日本人は韓国に渡航自粛した方がいいか。訪日韓国人にはビザを必要にした方がいいか?在韓日本人はソウルは危ないですね。逃げる準備はしておいた方がいい。首都は釜山にしておいたらよかったですね。日本にも在日米軍基地にミサイル飛ばすかも。(核抜きですよね) トランプも無茶苦茶やっているようにも見えますが、放置してたら今度は核入れて飛ばしてくるようになる。基地周辺の日本の街は廃墟になる。韓国はかわいそうだけど、日本より北を信頼してきた結果のこと。その時は受け止めないと。
    n
    投稿者:nekosuki2017年04月12日10時35分
    西部劇を見ている感じです。
    西部劇でも最後には悪役は主役(善人)に倒されることになるが、主役は最初からむやみに発砲したりしないもの。勧善懲悪劇は筋書きが単純だから見ていて分かりやすいが、トランプ大統領の場合は、倒したはずの悪役は倒れるどころか息を吹き返さんばかりであるから、非常に恰好わる。主役は誰なのかとさえ見間違ってしまう混迷ぶり。
    トランプ大統領は主役(善人)を演じたつもりなのだろうが、下手な役者はかえって評判を落としかねない見本のようなもの。それでも観客(G7)は主役?に声援を送るが、トランプ大統領の真意がはかりかねる中で、劇の進行は一層白けたものになりつつある。
    サリン攻撃に対する巡航ミサイルでの反撃、トランプ大統領、よくぞやってくれたと思いましたが、よくよく考えれば、三流西部劇以下のできばえのようでさえある。トランプさんには無理な課題なのではないか。そんなことを思いながら、推移を見守っています。
    z
    投稿者:zarugo132017年04月11日18時55分
    オバマさんが化学兵器を使用したら攻撃すると言っていたのにやらなかった事について米軍首脳部は「なんでやらないんですか」と思っている人が多かった。彼らがトランプさんに「今度こそやるべきです」と言うたのでやった、のだろうと私は思っておりました。

    ところがどうもそうではなかった。習近平国家主席との対談中にトマホークを撃った。しかも習主席に突然告げた、咄嗟の事に習主席も驚いて抗議しなかったというのです。これは北朝鮮向けの予行演習というニュアンスだったらしい・・。安倍総理には事前に連絡があったらしく完全に習近平氏の顔に泥を塗った。いくら何でもヤバすぎる。

    h
    投稿者:hamada2017年04月10日21時32分
    国連がやるのが一番いいけど中露が賛成するはずないから100%動けません。
    誰にでも作れるけど使ったら身の破滅、という先例を作れば抑止力になると思います。逆にやらなければじゃんじゃん使うんじゃないでしょうか。オウムは電車でやったから被害者が多かったけど、テロ。自身解体されてしまってます。日本は許されざる行為と決意を込めて対処したと思います。
    爆撃でアサドのように大量無差別殺戮した例はクルドに落としたフセインくらいじゃないですか。これも解体され殺されてしまいました。
    確かにシリアの安定化に水を差したと思いますが、原因はアサドです。アメリカは化学兵器を使うなということだけを求めるのではないかと思います。
    よく知りませんがトランプは今回の攻撃に前向きじゃなかったらしいですよ。側近から現地の写真を見せられてショック?を受けてGOサインを出したそうです。
    A
    投稿者:AprilHare2017年04月10日17時49分
    民間人虐殺が許されないのが戦争のルールなら、自衛ではない戦争が許されないのも戦争のルールです。
    トランプ政権によれば「シリア政府軍の化学兵器が反米過激派の手に渡って対米攻撃に用いられるのを防止」だそうですが、シリア政府が反米過激派と仲が良いという話はあまり聞きません。
    そもそも、ただのテロ組織でも化学兵器を自作できる(供給源を断っても効果は薄い)のは、ずっと昔にオウムが証明しています。

    民間人虐殺を止めるための軍事行動を、安保理決議など「正しいやり方」で行うならば、持続的かつ徹底した行動になります。その結果、アサド政権打倒が優先されるでしょう。
    『イスラム国』打倒を優先していたトランプ政権としては、「間違ったやり方」で独走することで、その流れに水を差した。その可能性はありえると思います。

    北朝鮮や中国に対する牽制になるかどうかは、現時点ではわかりません。
    「レッドラインを超えた」アサド政権に全面攻撃を加えて潰すなら、たとえ戦争としての正当性はなくても、懲罰の甚大さは他国を牽制するでしょう。
    今回限りだとすれば、アメリカの懲罰はたかが知れているということで、牽制になりません。

    停滞と挫折に満ちた就任後100日で、なんでもいいから手柄を立てたかった……などという理由で攻撃したのでなければよいのですが。
    i
    投稿者:imomushi2017年04月10日17時07分
    ノーベル平和賞を受賞したオバマ前大統領は、「アメリカは世界の警察官ではない」と言いました。
    トランプ現大統領は、“何の罪もない子供が毒ガスで死ぬのは看過できない”とする大義名分のもと、シリアの空軍施設をトマホークで攻撃しました。

    どちらの言い分も一理あり、あるいは虚飾を内包しているかも知れません。しかし、その言動に伴う結果は厳然たる事実として歴史に刻まれ、波及効果も含めて考えれば、「影響甚大」と言えると思います。

    シリアから遠いアジアの一小国に住む自分から見れば、米国の攻撃は、あくまでも大義名分の範囲内に留め、間違ってもアサドの首を取ろうなどと考えないでほしい。どんなに気に食わない独裁者であろうと、国家としてそこそこ安定していれば、「完璧な無秩序よりまだまし」、という一面もあると思います。フセインやカダフィのように手荒く扱った場合の反作用は、経験から予測可能なはず(その後悔がオバマの言葉に表れたのかも知れない)。

    同じ事が北朝鮮にも言えて、「超危険な軍事施設の排除」は、できれば米国にやって欲しいと思うが、勢い余って「刈り上げデブちゃん」の命を奪うようなことはしない方が良いと思う。北朝鮮という国家は、細々と生きながらえさせるのが得策。北朝鮮と韓国が合体すると、ろくなことがない。
    北朝鮮は“生かさず殺さず”が一番(*1)。

    ---
    *1 『国家の矛盾』高村正彦/三浦瑠麗(新潮新書)を読んでいたら面白い会話が目に留まった。P229
    三浦 (略)私がもし自民党総裁の立場なら、枝野さんと辻元さんは絶対に落選させません。蓮舫代表も、やはり原点回帰の方に引っ張られている印象を受けます。それが日本のためにいいとは思いませんが、今の民進党の現実を前提とすると、自民党としては彼らを生かさず、殺さずというのが正しい戦術になってしまう。
    高村 キツいこと言いますね(笑い)。
    h
    投稿者:hamada2017年04月10日07時05分
    ABC兵器は使わないというのが長い間続いたゲームのルールです。化学兵器は貧者の核兵器と言われていましたよね。紛争に小さな核兵器が用いられたりしたら歯止めがかからなくなる。戦争にもルールがある。本来国連が制裁すべきだと思いますが、国連は機能していない。アメリカが世界の警察官に戻ったということを印象つける事件だったと思います。もとはオバマがやるといってやらなかったことをやっただけ。これで世界の治安は多少は引き締まるんじゃないでしょうか。中国との首脳会談中にやるところがえぐいですよね。作戦はマティスが考えたと思うのですが、彼はバランスが取れていて非常にいい。アサドが化学兵器を使わないなら今後は干渉せずロシアに任せるという元のスタンスに戻ると思います。化学兵器を使わせないようロシアに注文を付けるのではないでしょうか。アサドはアメリカが味方になって図に乗ってしまった。北はこれを見てどう考えるか。急いで作るか自制するか。南シナ海で中国はどう出るか。私はいい手を打ってくれたと思います。オバマとは違う。
    b
    投稿者:bizenkiyomitsu2017年04月09日23時48分
    現在の中東は「戦国時代」であり、域内勢力・域外勢力ともに、自分の利益になるなら「何でもアリ」と言う状況でしょう。

    今回の毒ガス攻撃も本当は誰がやったか、確証は何処にもありません。アサドかも知れないし、ヌスラ戦線かも知れないし、イランの息のかかった連中かも知れません。そしてコイツらは全員、前科持ちでしょう。

    即ち、米国のシリア攻撃は単なる「便乗」である可能性は大であり、攻撃のショックを北朝鮮・中共に対するカードとして、有効に使っただけと言う事であったとしても、誰も非難出来ないのでは???

    その責はダラダラと内戦を継続させて来た、紛争当事者、人権・人道屋の責任も問われるべきでしょう。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順