主役になれない中国自動車メーカー――世界最大市場の光と影(下)

執筆者:高村悟 2011年1月27日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾
市場は世界最大になったが……(上海のイベントで展示されたフェラーリ)(c)AFP=時事
市場は世界最大になったが……(上海のイベントで展示されたフェラーリ)(c)AFP=時事

 1月14日、上海市浦東地区のシンボルともいえる467.9メートルのタワー、東方明珠の真下に15台のフェラーリが並べられ、高級車を見慣れた中国人の目も引いた。中国でのフェラーリ納車999台目を記念するイベントだ。999台目はミッドシップスポーツカー「458イタリア」で、価格は約3000万円。中国では2010年に300台のフェラーリが売れ、1250台の米国とはまだ差があるが、フェラーリの主要市場のひとつに浮上した。  このニュースにつられるように、独ポルシェのマティアス・ミューラー最高経営責任者(CEO)はポルシェを中国で生産する検討に入ったことを明らかにした。中国ではすでに独BMW、独ダイムラー(メルセデス)が現地生産しており、世界のプレミアム・カーにとって、中国は最も重要な市場と位置づけられ始めた。1台数千万円の高級車から数十万円の低価格小型車まで、中国市場に拠点を持たない世界の主要自動車メーカーはもはや皆無といってよい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順