文化外交専門機関「フランス院」の試み

渡邊啓貴
執筆者:渡邊啓貴 2011年12月26日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 文化大国フランスは新たにその文化外交を強化しようとしている。12月13-14日筆者は、新たにフランス文化外交の中心機関となった「フランス院」が企画した、パリでのシンポジウム『文化外交』にパネリストとして参加した。それまでフランスの文化活動の中心となっていた文化省の機関である「カルチャー・フランス」と外務省の対外広報・文化活動部門とが今年初めに統合されたのが、この「フランス院」という機関である。その代表は昨年まで国民教育大臣をしていた保守派の大物閣僚経験者ダルコス。その公的地位は、カルチャー・フランスが1901年法(アソシエーション=協会・団体=法)による公団・公共団体であるのに対して、この新しい機関「フランス院」は産業・通商活動組織としての対応も可能な公共機関(EPIC)である。国家予算と同時に、民間からの資金供給も容易な機関としての地位を得られているのが特徴である。140の海外文化機関を束ね、世界で445校を擁するアリアンス・フランセーズ(公的には民間団体であるが、政府と密な関係を持つフランス語教育機関)とも提携し、5000人ものアーティスト、役者、文化専門家と組んで海外で年間5万件もの文化行事を組織する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡邊啓貴
渡邊啓貴 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。1954年生れ。パリ第一大学大学院博士課程修了、パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授、シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、在仏日本大使館広報文化担当公使(2008-10)を経て現在に至る。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房)、『フランス現代史』(中公新書)、『ポスト帝国』(駿河台出版社)、『米欧同盟の協調と対立』『ヨーロッパ国際関係史』(ともに有斐閣)『シャルル・ドゴ-ル』(慶應義塾大学出版会)『フランス文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店)『現代フランス 「栄光の時代」の終焉 欧州への活路』(岩波書店)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順