十五年目にして訪れた「新たなバブル」の予兆

執筆者:小田博利 2005年11月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

株価と不動産が上昇し、マネーゲームが過熱する……日本経済は久しぶりの“躁状態”だ。バブルの歴史は繰り返すのか? 祭りの後。そんな感じを抱かせるわが宰相である。勝ち過ぎてしまい、次は負けしかない。あるいは、もう抵抗勢力は作り出せない。こんな憂い顔のサムライをよそに、日本の課題は募ってゆく。 吉崎達彦『1985年』(新潮新書)は、今日から八〇年代半ばを振り返った最高の『オンリー・イエスタデイ』であり『シンス・イエスタディ』(いずれもフレデリック・ルイス・アレン著、邦訳は筑摩書房)である。八五年の物語には胸が締め付けられる思いがする。今繰り返しているドラマが八五年から九〇年までの「日本が最も幸せだった時期」だからではないか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top