東電「株価」つり上げを目論む「原子力ムラ」の許されざる欺瞞

執筆者:杜耕次 2013年12月30日
エリア: 日本
 ”原子力ムラ”の象徴だった勝俣前東電会長は今も影響力を保っている (C)=時事
”原子力ムラ”の象徴だった勝俣前東電会長は今も影響力を保っている (C)=時事

 東京電力福島第1原子力発電所の3つの原子炉が次々にメルトダウン(炉心溶融)してから、まだ3年も経っていない。にもかかわらず、権威も信用も地に落ちたはずの“原子力ムラ”が復権しつつある。3.11後の民意を反映して定めたはずの前政権の「原発ゼロ」方針はいとも簡単に覆され、巨額の資金を浪費しながらも実現性に乏しい核燃料サイクル政策までもが息を吹き返しつつある。倫理性ばかりでなく経済合理性も実証できない「原発回帰」路線は、規制緩和を唱えてはいるものの逆に既得権益の擁護ばかりに熱心な安倍晋三首相(59)率いる現政権の偽善性を如実に表している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順