攻守交代の米露「新冷戦」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2007年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 北米

 米露関係が「新冷戦」の様相を強めている。米国のミサイル防衛(MD)東欧配備計画に反発するロシアのプーチン大統領は、「第三帝国の時代と同様に人命軽視と世界制覇を狙っている」と米国をナチス・ドイツになぞらえて攻撃。ブッシュ大統領も「改革が脱線した」と民主化後退を非難した。 7月初め、ブッシュ大統領はメーン州にある父の別荘にプーチン大統領を招く特別待遇で衝突回避を図ったが、修復には程遠い情勢。米露対立の背後には、ロシアが難色を示すセルビアからのコソボ独立問題や、エネルギー問題、ロシアの大国化や選挙を控えた国内事情もある。対テロ戦で結束したころの「米露同盟」は過去の遺物だ。 民主化と市場経済を推進し、米露蜜月を演出したロシアのエリツィン前大統領が死去した。 すると、ロシア大統領府は米政府に弔電を送った。 問 ブッシュ大統領とプーチン大統領の違いは何か。 答 ブッシュ大統領は(イラク)戦争を始めるため、大統領になった。 プーチン大統領は大統領になるため、(チェチェン)戦争を始めた。 米露首脳会談で、プーチン大統領がMD問題を解決するため、アゼルバイジャンにあるレーダー施設の共同利用を提案した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順