インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

パキスタンに開かれた「第三の戦端」強まる米国への反発とISIの暗躍

春名幹男
執筆者:春名幹男 2008年11月号
カテゴリ: 国際

 今度の米大統領選挙のオクトーバー・サプライズとは何か。 今春には、ブッシュ大統領はマケイン上院議員を勝たせるためイラン攻撃に踏み切る――とも予測されていた。だが、その可能性は今やもうない。 今、広がりつつある噂は、国際テロ組織アル・カエダによる米本土ないしは在外の米国施設への攻撃の可能性だ。 九月二十八日付英紙サンデー・テレグラフは「(オクトーバー・サプライズで)アル・カエダに攻撃されるのを防ぐため、米国防総省はパキスタン国内のテロ組織に対する攻撃を強化するよう命じた」と報じた。 事実、ブッシュ大統領はこの七月、パキスタン政府の承認を得ずに、米特殊部隊が地上作戦でアル・カエダやタリバンを攻撃することを許可した。 米中央情報局(CIA)は今年初めから、無人偵察機MQ1Bプレデターを使って、アフガニスタンとの国境に広がる連邦直轄部族地域(FATA)のアル・カエダやタリバンのアジトに対してミサイル攻撃を行なっている。今年五月号の本欄でも伝えた通りだ。 ブッシュ大統領がそれに加えて開始した作戦は、特殊部隊による地上攻撃だ。 地上戦闘は、ペンタゴンの合同特殊作戦司令部の指揮下で、アフガニスタンのバグラム空軍基地に駐在するCIA高官がコーディネーターとなり、陸軍特殊部隊デルタフォースと海軍特殊部隊SEALSが合同で展開している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順