「オバマの右腕」エマニュエル首席補佐官の解剖

執筆者:アレクシス・シメンディンガー 2009年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

大物相手でも平気で「ノー」を突きつける戦闘的人物は、新大統領を助けてホワイトハウスをうまく切り盛りできるか。[ワシントン発]かつて真剣にクラシックバレエを学んだラーム・エマニュエルだが、昨年十一月、米大統領就任が決まったバラク・オバマから首席補佐官就任を打診された時は、即座にその椅子に向かって跳躍したわけではない。民主党議員会長として、下院議長、共和党院内総務、民主党院内総務に次ぐ下院第四位の地位にあったエマニュエルは、いずれユダヤ系初の下院議長になることを期しており、親しい友人にもその野望を口にしていた。イリノイ州選出議員として三期目を務めていた彼にとって、オバマが提示したポストは想定外で、果たして自分が望む仕事かどうか定かでなかったのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top