「まぼろしの方」の存在感

名越健郎
執筆者:名越健郎 2010年2月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 鳩山由紀夫首相は短期政権に終わるとの見方が日増しに強まっている。米軍普天間基地移設問題や経済対策、予算成立という難題に加え、偽装献金疑惑で身動きがとれず、指導力の欠如を露呈した。 首相との会談を“なかったこと”にすべく「まぼろしの方」と呼ばれた小沢一郎民主党幹事長は事実上の独裁者として君臨。小沢氏の意見が「天の声」となってきた。首相の当事者意識は希薄だ。 鳩山政権は事業仕分けや八ツ場ダム問題などメディアの関心を引く術には長けているが、連立を組む小党に幻惑され、党内の亀裂も目立つ。迷走は予想通りとはいえ、内外政策は発足数カ月で八方塞がりとなりつつある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順