田中康夫(長野県知事) 「細部からの改革」にこだわる異端知事の「行政サービス機関論」

執筆者:フォーサイト編集部 2001年1月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 中央政界に蔓延する停滞感とは対照的に、地方行政には覇気に富んだ知事の台頭が目立ち始めた。石原慎太郎都知事、北川正恭三重県知事、浅野史郎宮城県知事、橋本大二郎高知県知事など、直接選挙で選ばれたという強みを生かしつつ、独自の存在感を放つ知事の活躍に注目が集まっている。 しかし、これらの知事以上に、昨年十月に長野県知事となった田中康夫氏の登場は、日本政治史の観点から見て、インパクトが大きかったと言える。なぜならば、田中氏は単に無党派どころか、政治、行政の経験が全くない、いわば「素人」だったからだ。橋本知事も民間出身だが、父親は代議士、兄は元首相という血筋を考えると、田中知事の「異端性」は明らかだろう。 就任三カ月で、知事としての業績評価を下すのは時機尚早だが、田中知事の行政手法は、意外なほどオーソドックスである。その情報公開の姿勢、住民参加方式の政策決定プロセスの導入などは、欧米の先進民主主義国では、いまや「常識」といえる手法だ。知事室を県庁の三階から一階に移し、ガラス張りにするといった派手なパフォーマンスや奇抜なファッションにばかり目を奪われていると、田中県政の本質を捉えそこなうことになろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順