饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(204)

安倍首相「晩餐会」で魅せた「ミシェル夫人」と「執事長」のおもてなし

西川恵
執筆者:西川恵 2015年5月14日
エリア: 北米 日本

 安倍晋三首相を国賓級でもてなした米ホワイトハウスの晩餐会で、私が注目したのはオバマ大統領のミシェル夫人がどのデザイナーのイブニングドレスを着るかだった。夫人は国賓の晩餐会で賓客の国出身のデザイナーのドレスを着用することで知られるが、ふだん日本人デザイナーの服を愛用している夫人だけに目が離せなかった。

 

ゲイの執事長が飾る「有終の美」

 4月26日からの安倍首相の訪米を前に、『ワシントン・ポスト』の電子版(4月10日)は「晩餐会でどのような演出が凝らされるか注目しよう」とのタイトルの記事を掲載。この中で注目点として2つを挙げた。

 1つは、安倍首相の晩餐会を最後にホワイトハウスを去る、ファーストレディー専属の執事長(ソーシャル・セクレタリー)のジェレミー・バーナード氏(53)だった。執事長はファーストレディーの指示の下、国賓晩餐会の演出(会場設営、テーブルセッティング、進行、食後のエンターテイメントなど)を一手に取り仕切る。

 自分がゲイであることを隠さない同氏は同性愛者の権利擁護運動に関わり、オバマ氏が大統領選に立候補した時は募金の責任者を務めた。一時、パリで米大使の上級顧問を務め、2011年3月、その美的センスを見込んだミシェル夫人から執事長就任を打診され、ホワイトハウス入りした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順