やはり2017年最大の注目人物はこの人か(C)AFP=時事

 

 フォーサイト編集部です。新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 本年も昨年同様、新年を迎えるに当たり、執筆者の方々に「2017年の注目点、気になること」をお聞きし、それを【地域編】と【テーマ編】にまとめてみました。こちらは【テーマ編】です。お楽しみください(順不同。タイトルをクリックすると、それぞれの執筆者の記事一覧ページにジャンプします)。
 

【中国経済・後藤康浩】「中国版サブプライムローン危機」の現実味

 中国経済は不動産バブル崩壊への懸念が再び強まっている。中国では、不動産価格は危険な高値圏に入ると引き締めで沈静化というパターンの繰り返しだが、今回は不動産開発業者や投機に走った国有企業の債務も危機的な水準になっており、大きな倒産などが起きれば貸し込んでいた金融機関の経営が揺らぎ、「中国版サブプライムローン危機」が起きる可能性がある。

 過剰生産能力が世界から非難を浴びる中国の鉄鋼など素材産業は、2016年春以降、回復基調にあり、世界の鉄鉱石、原料炭も急騰したが、それもインフラと不動産の追い風であり、「中国版サブプライムローン危機」が現実化すれば、再びどん底に落ちる。2017年も中国が世界経済を揺さぶり続ける年になるだろう。「習近平政権は秋の党大会までは好景気を維持させる」という意見も多いが、中国の不動産バブル、金融市場の危機は政府が管理できる水準ではないだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順