【水】「中国崩壊論」、米中間選挙、
   英シェール事業

執筆者:フォーサイト編集部 2018年1月17日
カテゴリ:

昨日午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

先人の「卓見」に学ぶ「中国崩壊論」の正誤(東南アジアの部屋・樋泉克夫さん):明治維新前後以降の先人らの記録や、それを評した後世人らの論評から、昨今喧しい「崩壊論」のどこが正しくどこが誤りか、いろいろ見えてきます。

 

トランプ政権と共和党の「優先アジェンダ」に立ちはだかる「中間選挙」という壁(アメリカの部屋・足立正彦さん):すでに米議会は各種重要法案の審議が始まっていますが、今秋には中間選挙も控えているため、議員らは気もそぞろ。果たしてトランプ政権はどんなアジェンダを優先させるのでしょうか。

 

そして今朝の更新記事は、「原油価格高騰で英国ついに『シェール事業』展開か」(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん)です。年初来続く原油価格の高騰。とうとうあの国際石油資本ロイヤルダッチシェルもシェールに興味を持ち始めました。シェール開発にイギリスも本格参入となりそうです。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top