サッカー・アジアカップと中国の病理

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年1月27日

サッカー・アジアカップで日韓戦に盛り上がって一夜明けた今日、「そういえば中国チームはどうしたっけ」と思い起こしました。調べてみると、一勝一敗一分けでグループリーグで敗退していました。

アジアカップで中国と言えば、前々回大会の2004年に日本が優勝した時、決勝で戦ったのが中国でした。開催地が中国だったこともあって、大変な騒ぎだったことを思い出しました。思えば、あのころが中国サッカーのピークだったでしょうか。あれから中国サッカーは長い低迷期に入っています。今大会も復活を果たすことはできなかったようです。

中国人はサッカーが大好きです。日本人の想像もつかないぐらい。今回のアジアカップも夢中で見ていたでしょう。予想通り、ネットでは「なぜ人口が13億人もいるのに弱いのか」という議論が起きていました。

私の知る限り、中国でサッカー選手は大スターで、圧倒的な注目度を集め、給料もよく、選手は五輪のメダリスト並みにちやほやされます。たいした実績もないのに、練習を怠って派手な生活におぼれがちです。また、ヤミのサッカー賭博も盛んなのでいろいろな誘惑が多く、選手だけでなく、サッカー協会やチームの首脳にまで賭博関係者との腐敗が蔓延しました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順