ロシアに最高意思決定機関「政治局」が誕生

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年10月10日
カテゴリ: 政治 国際 金融
エリア: ロシア

 モスクワでは、政治指導体制を示す「タンデム」という言葉が消え、代わって「政治局」が語られていた。メドベージェフ大統領、プーチン首相という二頭体制は、プーチン氏の大統領就任によって消滅。新たにプーチン大統領を中心に、旧ソ連共産党政治局に似た一握りのグループによるコングロマリットが機能しているとの見立てだ。

 政治評論家のエブゲニー・ミンチェンコ氏らのグループが8月、政界・ビジネス界のエリート60人以上へのアンケートを基に発表した報告書でこの分析を伝えた。筆者らはモスクワでミンチェンコ氏と食事を共にしたが、同氏は「プーチンは側近からなる個人的な指導機関を作った。共産党政治局に似たこの組織で、プーチンは派閥間のバランスを取り、モデレーターの役割を果たしている」などと話した。

 同氏が挙げた大統領以外の新政治局の構成は、以下の8人から成る。

メドベージェフ首相
セルゲイ・イワノフ大統領府長官
ボロジン大統領府副長官
ソビャーニン・モスクワ市長
セルゲイ・チュメゾフ国営ロステクノロジー社長
ゲンナジ・チムチェンコ氏(石油輸出会社グンバー社長)
セチン・ロスネフチ社長
ユーリー・コワルチュク氏(ナショナル・メディア・グループ総帥)

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順