インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

米国で高まる北朝鮮攻撃論「核」も含む作戦計画の全貌

春名幹男
執筆者:春名幹男 2005年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米 朝鮮半島

 ブッシュ米大統領は五月三十一日の記者会見で、北朝鮮の核問題に対応する方法について「外交か軍事かだが、私は外交的アプローチに賛成だ」と言った。大統領は過去にも「あらゆる選択肢」があると述べているから、新味はない、と日本のメディアは考えたのだろう。日本ではまったく報道されなかった。 実は、大統領はこのあと米政府内に「軍事的」オプションが提出されたことを認めた。「軍事力行使を主張する人たちに対しては、あらゆる選択肢がある間は外交的解決の方法があると言いたい」と明言したのである。 大統領会見の前から軍事的圧力は強まっていた。ローレス国防副次官が議会証言で「北朝鮮が六カ国協議放棄の戦略的決定をする可能性に備えている」と明言した五月二十六日、米軍がF117ステルス戦闘機十五機を韓国に配備し、空母ニミッツが太平洋を移動中であることが明らかにされた。 ブッシュ政権内では、国防総省がリードするタカ派と国務省など現実主義派が激しい論議を繰り広げているに違いない。 しかし、外交的努力が尽きた後に、ブッシュ大統領はどう出るのか、日本としても考えておく必要があるだろう。 軍事的オプションに関しては、これまで四つの極秘作戦計画がまとめられている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順