世界で注目される“大統領選的”自民党総裁選

執筆者:田中明彦 2006年7月号
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 日本

 世界政治のキーノートであるが、今回は、自民党の総裁選の話をさせていただきたい。なぜかというと、今年九月に行なわれるであろう自民党の総裁選は、世界政治の観点からも面白い現象だからである。筆者は、この三週間ほどスウェーデンにいるのだが、スウェーデン各地で話をするほとんどすべての機会に、次の日本の首相は誰になるか、なったらどうなるかと聞かれる。もちろん、私が講演したりセミナーで発言する場に来るような人は、みな日本にある程度関心を持っている人だから、当然かもしれないが、こちらが自民党総裁選の話題に触れなくても質問があるのだから、やはり、それなりに関心があるに違いない。 どうしてそうなるのかを考えてみると、いくつか理由があると思う。 まず、今回の日本の首相交代は、過去二十年近くなかった大統領選的なリーダー選びだということである。振り返ってみると、竹下内閣を成立させた自民党総裁選以来、その後のすべての新首相誕生は、みな、きわめて短期の間に緊急事態としておこった現象だということがわかる。宇野、海部、宮沢、細川、羽田、村山、橋本、小渕、森と歴代の首相の顔ぶれを思い浮かべてみたとき、誰一人として、首相になる半年前に首相就任の可能性を現実のものとして考えていた人がいないことがわかる。すべてある種の政治危機のなかで、きわめて短い期間の調整とか政略で、誕生した政権である。小泉首相にしても、森政権の破綻に基づいて急遽行なわれた総裁選の結果、首相になったのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順