【月】平壌、介護民俗学、新連載

執筆者:フォーサイト編集部 2014年12月8日

週末に2本の記事をアップロードしました。

『介護民俗学』へようこそ!(15)認知症の現場で『当事者の声』はどう扱われるべきか」(六車由実さん):「ここに来ちゃいけないんですか。私、何か悪いことしましたか」。私は思わず言葉に詰まってしまった。唇をかんであふれ出そうになる涙を必死にこらえた――。

病気を治すのは『いのちの力』(2)満足する医療を受ける難しさ、患者を満足させる難しさ」(髙本眞一さん):三井記念病院の髙本院長による新連載第2回。「私は決して患者さんを見はなさない――。妻の看取りを経て、その思いは確固たるものになりました」。

本日の更新記事は、平井久志さんの短期集中連載「2014年秋『平壌打令』」の最終回「『変化』は経済から生まれる」です。平井さんが12年ぶりに訪れた北朝鮮で、人々の暮らし向きは上向いていました。それを受け、現体制は少しずつ当局の権限を「市場経済」に移譲しつつあるようにも見えます。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順