外資の海に沈んだ三菱自動車

執筆者:加納修 2000年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

相手はクライスラー色を一掃した“実績”のあるダイムラー 日産自動車と仏ルノーが資本提携を発表してから丸一年。この間、日米欧の自動車メーカーが、それぞれに勝ち残りをかけた世界的な再編劇の大波は、最後に三菱自動車工業を一息に呑み込んだ。 バブル崩壊にともなう国内景気の低迷で足元が揺らいだ三菱自動車は結局、単独の生き残り策を捨ててダイムラークライスラーの資本受け入れによって生き残りを目指すこととなった。かつてRVでヒット街道を走った三菱自動車だが、「スリーダイヤ」に象徴される巨大グループ「三菱」が求心力を失う中で寄るべもなく、多くの日本企業同様、外資の海に沈み込んだのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順